【急増する"動画活用教育"の実態と課題】 コンテンツ、コスト、活用手法の課題解決でさらなる教育効果向上へ

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、全国の小中高、大学・専門学校、予備校・学習塾の教職員ら計118名を対象に、いま注目を集めるビデオ教材(映像コンテンツ)の教育利用の実態についてアンケート調査を実施し、その動向をまとめました。


図0.jpg


その結果、教育現場で動画・映像コンテンツを活用したいと考える人は8割近くに上り、これまでの活用経験の有無や所属する教育機関などにかかわらず、教育関係者の多くが動画コンテンツを利用した教育を「わかりやすく学習効果が高い」と認識し、その活用にもきわめて前向きであることがわかりました。

アンケートからは、実際に教育現場でひろく活用されているコンテンツ内容やその活用方法などの実態についても明らかとなっています。その一方で、コンテンツやコストに関わる問題、活用方法に関する悩みなど、教育関係者が抱える課題も浮き彫りになっています。


"さらに教育効果を高められるような動画コンテンツの在り方とは?"
"動画活用教育が秘める新しい可能性とは?"

さまざまな視点からアンケート結果を分析し、eラーニング戦略研究所独自の見解を加え、動画活用教育の実態と課題を全60ページにわたる調査報告書にまとめました。


↓  本アンケート結果の詳細がわかる調査報告書を   ↓
↓  こちらから<無料>でダウンロード頂けます。      ↓

http://www.digital-knowledge.co.jp/corporate/laboratory/e_report.html


【アンケート結果から見るポイント】

●「動画コンテンツを教育現場で活用したい」が8割。
メリットは「わかりやすく学習効果が高い」、
デメリットは「コンテンツ作成の負荷」。

●動画コンテンツの内容は「講義・授業」「ニュース映像」
「専門技術・操作方法」。その半数を学校内で作成。

●半数以上が「iTunes U」 「YouTube for Schools」へ期待。
コンテンツ、コスト、活用方法に関する課題解決が今後のカギ。


cover.jpg


図1.jpg


図1-1.jpg


図2.jpg


図3.jpg


図4.jpg


図4-1.jpg


図4-2.jpg


図4-3.jpg


図5.jpg


図6-1.jpg


図6-2.jpg


図6-3.jpg

【アンケート調査概要】

調査期間 :2011年12月22日(木)-12月26日(月)
調査方法 :Webアンケート方式
調査対象 :全国の小中高、大学・専門学校、予備校・学習塾の教職員および経営者 計118名

性別内訳 :男性(72.9%)、女性(27.1%)

年代別内訳:20-29歳(5.9%)、30-39歳(32.2%)、40-49歳(30.5%)、
50-59歳(28.8%)、60-69歳(0.8%)、70歳以上(1.7%)

勤務先内訳:小学校(1.7%)、中学校(0.8%)、高校(17.8%)、
大学・大学院(29.7%)専門学校(11.0%)、予備校・学習塾(39.0%)


---------------------------------------------------------------------------------
◆ 本アンケート結果の詳細を掲載した「調査報告書」を無料配信中◆

  今回ご紹介したアンケート結果の詳細がわかる調査報告書を
  <無料>でダウンロード頂けます。
http://www.digital-knowledge.co.jp/corporate/laboratory/e_report.html

<その他、下記調査報告書もすべて無料!ぜひご活用ください。>

・製造業の技術教育eラーニング利用に関する意識調査報告書 [ 2012/01 ]
・SOHO・在宅ワーカーへの業務委託に関する意識調査報告書 [ 2011/09 ]
・iPadを活用した学習の効果検証報告書 [ 2011/07 ]
・東日本大震災の教育への影響に関する意識調査報告書 [ 2011/06 ]

                                ほか多数
---------------------------------------------------------------------------------


■会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役 はが 弘明
URL: http://www.digital-knowledge.co.jp/


【本件に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:広報 濱田
TEL:03-5846-2131(代表)
FAX:03-5846-2132
E-mail:sales@study.jp

このブログ記事について