秋学期末に卒業されるみなさん、ご卒業おめでとうございます。

本学では、履修の要件を満たすと、家庭教育アドバイザーの資格を得ることができます。卒業に際して、家庭教育アドバイザー認定証、及び証明書の発行を希望する方は、以下にその手続きの方法をお知らせいたしますので、それにしたがってください。


(1) 家庭教育アドバイザー認定証
「家庭教育アドバイザー認定証」は、日本家庭教育学会が、本学での履修状況を審査して発行するものです。(ただ、本学独特の、保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー、という各専門分野についての記載はありません。)
尚、この申請で、同学会が認定する「家庭教育師」の認定証も、合わせて発行されます。

①希望者は申請書(3月1日以降、支援センター情報ページにUP)をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。(その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。)本学から学会に申請します。認定証の発行経費は無料です。

②この認定証を希望する方は学会員であることが必要です。まだ学会員でない方は学会への入会申込書を学会のホームページの「入会案内」からダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、上記①の申請書に同封して送ってください。入会申込書には、推薦者の記入欄がありますが、今回の場合は空欄でよいです。(学会のホームページは、日本家庭教育学会で検索すると出てきます。またアドレスは次の通りです。http://hesoj.com/ 「日本家庭科教育学会」とは異なりますのでお間違いのないようお願いします。)
尚、学会の年会費は5000円です。(正科生として再入学した場合は、学割が適用されて3000円となります。) 会費納入のお知らせが届きましたら、納入してください。


(2) 証明書
「証明書」は、本学が、家庭教育アドバイザーの専門分野(保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー)について、履修状況を審査し、本学学則に基づいて、その教育課程を修めたことを証明するもので専門分野が表記されます。

①専門分野の証明書が必要でない方は、この申請は必要ありません。

②申請された専門分野ごとに証明書が発行されます。

③三つ以上の専門分野の証明書が必要な方は、申請書にその理由を記入してください。

④証明書の経費は、「科目修得認証」の証明書と同じく、一通5000円です。

⑤希望者は、上記の家庭教育アドバイザー認定証の申請書(3月3日以降、支援センター情報ページにUP)と同時にUPされる申請書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。

⑥「家庭教育アドバイザー認定証」の申請書と「証明書」の申請書は別です。二つ必要な方は、それぞれの申請書2通を同封して申請してください。また、学会員でない方で、「家庭教育アドバイザー認定証」の発行を希望する方は、学会入会申込書(学会のホームページからダウンロード)も合わせての、3通となります。
 

(3) 締め切り及び発行予定日
 締め切りは、いずれも、3月31日です。
 家庭教育アドバイザー認定証の発行は5月頃です。
専門分野の証明書の発行は5月頃です。


以上、家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについてお知らせいたしました。よろしくお願いいたします。

家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについて

春学期末に卒業されるみなさん、ご卒業おめでとうございます。

本学では、履修の要件を満たすと、家庭教育アドバイザーの資格を得ることができます。卒業に際して、家庭教育アドバイザー認定証、及び証明書の発行を希望する方は、以下にその手続きの方法をお知らせいたしますので、それにしたがってください。


(1) 家庭教育アドバイザー認定証
「家庭教育アドバイザー認定証」は、日本家庭教育学会が、本学での履修状況を審査して発行するものです。(ただ、本学独特の、保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー、という各専門分野についての記載はありません。)
尚、この申請で、同学会が認定する「家庭教育師」の認定証も、合わせて発行されます。

①希望者は申請書(支援センター情報ページにUP)をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。(その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。)本学から学会に申請します。認定証の発行経費は無料です。

②この認定証を希望する方は学会員であることが必要です。まだ学会員でない方は学会への入会申込書を学会のホームページの「入会案内」からダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、上記①の申請書に同封して送ってください。入会申込書には、推薦者の記入欄がありますが、今回の場合は空欄でよいです。(学会のホームページは、日本家庭教育学会で検索すると出てきます。またアドレスは次の通りです。http://hesoj.com/ 「日本家庭科教育学会」とは異なりますのでお間違いのないようお願いします。)
尚、学会の年会費は5000円です。(正科生として再入学した場合は、学割が適用されて3000円となります。) 会費納入のお知らせが届きましたら、納入してください。


(2) 証明書
「証明書」は、本学が、家庭教育アドバイザーの専門分野(保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー)について、履修状況を審査し、本学学則に基づいて、その教育課程を修めたことを証明するもので専門分野が表記されます。

①専門分野の証明書が必要でない方は、この申請は必要ありません。

②申請された専門分野ごとに証明書が発行されます。

③三つ以上の専門分野の証明書が必要な方は、申請書にその理由を記入してください。

④証明書の経費は、「科目修得認証」の証明書と同じく、一通5000円です。

⑤希望者は、上記の家庭教育アドバイザー認定証の申請書(支援センター情報ページにUP)と同時にUPされる申請書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。

⑥「家庭教育アドバイザー認定証」の申請書と「証明書」の申請書は別です。二つ必要な方は、それぞれの申請書2通を同封して申請してください。また、学会員でない方で、「家庭教育アドバイザー認定証」の発行を希望する方は、学会入会申込書(学会のホームページからダウンロード)も合わせての、3通となります。
 

(3) 締め切り及び発行予定日
 締め切りは、いずれも、9月30日です。
 家庭教育アドバイザー認定証の発行は11月頃です。
専門分野の証明書の発行は11月頃です。


以上、家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについてお知らせいたしました。よろしくお願いいたします。

秋学期末に卒業されるみなさん、ご卒業おめでとうございます。

本学では、履修の要件を満たすと、家庭教育アドバイザーの資格を得ることができます。卒業に際して、家庭教育アドバイザー認定証、及び証明書の発行を希望する方は、以下にその手続きの方法をお知らせいたしますので、それにしたがってください。


(1) 家庭教育アドバイザー認定証
「家庭教育アドバイザー認定証」は、日本家庭教育学会が、本学での履修状況を審査して発行するものです。(ただ、本学独特の、保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー、という各専門分野についての記載はありません。)
尚、この申請で、同学会が認定する「家庭教育師」の認定証も、合わせて発行されます。

①希望者は申請書(3月1日以降、支援センター情報ページにUP)をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。(その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。)本学から学会に申請します。認定証の発行経費は無料です。

②この認定証を希望する方は学会員であることが必要です。まだ学会員でない方は学会への入会申込書を学会のホームページの「入会案内」からダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、上記①の申請書に同封して送ってください。入会申込書には、推薦者の記入欄がありますが、今回の場合は空欄でよいです。(学会のホームページは、日本家庭教育学会で検索すると出てきます。またアドレスは次の通りです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhes2/index.html 「日本家庭科教育学会」とは異なりますのでお間違いのないようお願いします。)
尚、学会の年会費は5000円です。(正科生として再入学した場合は、学割が適用されて3000円となります。) 会費納入のお知らせが届きましたら、納入してください。


(2) 証明書
「証明書」は、本学が、家庭教育アドバイザーの専門分野(保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー)について、履修状況を審査し、本学学則に基づいて、その教育課程を修めたことを証明するもので専門分野が表記されます。

①専門分野の証明書が必要でない方は、この申請は必要ありません。

②申請された専門分野ごとに証明書が発行されます。

③三つ以上の専門分野の証明書が必要な方は、申請書にその理由を記入してください。

④証明書の経費は、「科目修得認証」の証明書と同じく、一通5000円です。

⑤希望者は、上記の家庭教育アドバイザー認定証の申請書(3月1日以降、支援センター情報ページにUP)と同時にUPされる申請書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。

⑥「家庭教育アドバイザー認定証」の申請書と「証明書」の申請書は別です。二つ必要な方は、それぞれの申請書2通を同封して申請してください。また、学会員でない方で、「家庭教育アドバイザー認定証」の発行を希望する方は、学会入会申込書(学会のホームページからダウンロード)も合わせての、3通となります。
 

(3) 締め切り及び発行予定日
 締め切りは、いずれも、3月31日です。
 家庭教育アドバイザー認定証の発行は5月頃です。
専門分野の証明書の発行は5月頃です。


以上、家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについてお知らせいたしました。よろしくお願いいたします。

家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについて

春学期末に卒業されるみなさん、ご卒業おめでとうございます。

本学では、履修の要件を満たすと、家庭教育アドバイザーの資格を得ることができます。卒業に際して、家庭教育アドバイザー認定証、及び証明書の発行を希望する方は、以下にその手続きの方法をお知らせいたしますので、それにしたがってください。


(1) 家庭教育アドバイザー認定証
「家庭教育アドバイザー認定証」は、日本家庭教育学会が、本学での履修状況を審査して発行するものです。(ただ、本学独特の、保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー、という各専門分野についての記載はありません。)
尚、この申請で、同学会が認定する「家庭教育師」の認定証も、合わせて発行されます。

①希望者は申請書(9月1日以降、支援センター情報ページにUP)をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。(その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。)本学から学会に申請します。認定証の発行経費は無料です。

②この認定証を希望する方は学会員であることが必要です。まだ学会員でない方は学会への入会申込書を学会のホームページの「入会案内」からダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、上記①の申請書に同封して送ってください。入会申込書には、推薦者の記入欄がありますが、今回の場合は空欄でよいです。(学会のホームページは、日本家庭教育学会で検索すると出てきます。またアドレスは次の通りです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhes2/admission/admission.html)
尚、学会の年会費は5000円です。(正科生として再入学した場合は、学割が適用されて3000円となります。) 会費納入のお知らせが届きましたら、納入してください。


(2) 証明書
「証明書」は、本学が、家庭教育アドバイザーの専門分野(保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー)について、履修状況を審査し、本学学則に基づいて、その教育課程を修めたことを証明するもので専門分野が表記されます。

①専門分野の証明書が必要でない方は、この申請は必要ありません。

②申請された専門分野ごとに証明書が発行されます。

③三つ以上の専門分野の証明書が必要な方は、申請書にその理由を記入してください。

④証明書の経費は、「科目修得認証」の証明書と同じく、一通5000円です。

⑤希望者は、上記の家庭教育アドバイザー認定証の申請書(9月1日以降、支援センター情報ページにUP)と同時にUPされる申請書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。

⑥「家庭教育アドバイザー認定証」の申請書と「証明書」の申請書は別です。二つ必要な方は、それぞれの申請書の二通を同封して申請してください。また、学会員でない方で、「家庭教育アドバイザー認定証」の発行を希望する方は、学会入会申込書(学会のホームページからダウンロード)も合わせての、3通となります。
 

(3) 締め切り及び発行予定日
 締め切りは、いずれも、9月30日です。
 家庭教育アドバイザー認定証の発行は11月中です。
専門分野の証明書の発行は11月中です。


以上、家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについてお知らせいたしました。よろしくお願いいたします。

家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについて

秋学期末に卒業されるみなさん、ご卒業おめでとうございます。

本学では、履修の要件を満たすと、家庭教育アドバイザーの資格を得ることができます。卒業に際して、家庭教育アドバイザー認定証、及び証明書の発行を希望する方は、以下にその手続きの方法をお知らせいたしますので、それにしたがってください。


(1) 家庭教育アドバイザー認定証
「家庭教育アドバイザー認定証」は、日本家庭教育学会が、本学での履修状況を審査して発行するものです。(ただ、本学独特の、保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー、という各専門分野についての記載はありません。)
尚、この申請で、同学会が認定する「家庭教育師」の認定証も、合わせて発行されます。

①希望者は申請書(3月1日以降、支援センター情報ページにUP)をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。(その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。)本学から学会に申請します。認定証の発行経費は無料です。

②この認定証を希望する方は学会員であることが必要です。まだ学会員でない方は学会への入会申込書を学会のホームページの「入会案内」からダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、上記①の申請書に同封して送ってください。入会申込書には、推薦者の記入欄がありますが、今回の場合は空欄でよいです。(学会のホームページは、日本家庭教育学会で検索すると出てきます。またアドレスは次の通りです。http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhes2/index.html )
尚、学会の年会費は5000円です。(正科生として再入学した場合は、学割が適用されて3000円となります。) 会費納入のお知らせが届きましたら、納入してください。


(2) 証明書
「証明書」は、本学が、家庭教育アドバイザーの専門分野(保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー)について、履修状況を審査し、本学学則に基づいて、その教育課程を修めたことを証明するもので専門分野が表記されます。

①専門分野の証明書が必要でない方は、この申請は必要ありません。

②申請された専門分野ごとに証明書が発行されます。

③三つ以上の専門分野の証明書が必要な方は、申請書にその理由を記入してください。

④証明書の経費は、「科目修得認証」の証明書と同じく、一通5000円です。

⑤希望者は、上記の家庭教育アドバイザー認定証の申請書(3月1日以降、支援センター情報ページにUP)と同時にUPされる申請書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。

⑥「家庭教育アドバイザー認定証」の申請書と「証明書」の申請書は別です。二つ必要な方は、それぞれの申請書2通を同封して申請してください。また、学会員でない方で、「家庭教育アドバイザー認定証」の発行を希望する方は、学会入会申込書(学会のホームページからダウンロード)も合わせての、3通となります。
 

(3) 締め切り及び発行予定日
 締め切りは、いずれも、3月31日です。
 家庭教育アドバイザー認定証の発行は5月頃です。
専門分野の証明書の発行は6月頃です。


以上、家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについてお知らせいたしました。よろしくお願いいたします。


今年も「ファミリーコミュニケーション運動」で、八洲学園大学家庭教育専攻で公開講座を開催することになりました。ふるってご参加ください。

テーマは「子どもへの理解のために」として、全5回以下の内容で開催致します。


第1回 「障害児のコミニュケーションの課題とアプローチ」
2010年11月13日(土)14:00~16:00
鈴木啓之 (八洲学園大学准教授)
障害種別(感覚障害、知的障害、発達障害等)にかかわらず、多くの障害児が周囲者とのコミュニケーションやかかわりに課題をかかえている。そこで障害児の特性を踏まえ、支える家族からの効果的な働きかけについて、みなさんと考えてゆく。


第2回「不登校・ひきこもり・家庭内暴力からの旅立ち」
2010年11月27日(土)14:00~16:00
赤沼幸子(八洲学園大学教授)  非行少年より数が多くなった不登校の小・中学生。
大学を卒業したのに就職もしないでひきこもり状態になってしまう20代30代の若者たち・・・現代、だれもが陥りやすい青少年の問題を見つめ、彼/彼女らの新たな旅立ちを応援するために何が大切かを共に考えましょう。


第3回「子どもの家庭学習を楽しく展開する」
2010年12月11日(土)14:00~16:00
渡邉達生(八洲学園大学教授) 子どもの家庭学習というと、学校の宿題をさせること、ドリルや問題集を買ってさせることに終始してしまいがちです。そこを、親子のコミュニケーションを深めるという観点から、子どもの家庭学習を考えてみましょう。週に何度か、子どもと親が共に楽しくなる家庭学習が実現できたとき、親も子どもも家庭の意味を一段と強く感じているはずです。子どもの学力の向上と親の家庭教育力の向上を関連付けます。


第4回 「子どもの世界を理解しよう」
2011年 1月15日(土)14:00~16:00
水野建雄(八洲学園大学教授)
親の価値観や世界観を子どもに当てはめないで、まず、子ども特有の世界を理解することが、いかに大切であるかを、一緒に具体的に考えていきたい。


第5回 「家族の力・地域の力」
2011年 1月29日(土)14:00~16:00
中田雅敏(八洲学園大学教授)核家族化や地域の力の衰退、過疎化などによって聞くに堪えない事件が発生いたしております。こうした暴力行為や迷惑行為を地域でどのように解決したかなどの事例を挙げて一緒に考え防止に取り組みましょう。


受講料:無料
定員:50名
会場:八洲学園大学5階B教室

申込方法
申込期間:2010年6月1日(火)から
申込方法:電話にて
申込・問合せ先:神奈川県教育委員会教育局支援教育部子ども教育支援課生徒指導グループ
           【TEL】04-5210-8295 

famikomi.jpg

夏に見た 命の不思議
               

渡邉 達生


minotomato.JPG


今、家では、毎朝、アサガオがたくさんの花を咲かせています。また、ミニトマトが赤い実をつけています。しかし、ナスは花をつけても実をつけるまでにはなりません。
今年の夏は、アサガオとミニトマトとナスの三者に、いろいろなことを教わりました。


 5月の終わりの頃、この三者の種を同時にまきました。種は4月の終わりには手にいれていたのですが、忙しさに、ついつい遅れ、一ヶ月ほど遅い種まきとなりました。そのとき三者を見比べてみて、改めて気づくことがありました。アサガオの種は大きいということです。アサガオの種は小粒ですが、それよりもミニトマトの種はとても小さく、そしてさらに、ナスの種はそのミニトマトの種よりもとんでもなく小さかったのです。


 種をまいて、三日でアサガオは芽を出してきました。しかし、以後の数日、いくら待っても、ミニトマトとナスの芽は出てきませんでした。その間に、アサガオは双葉を広げ、本葉を出して、ツルをのばし始めていました。まさに、アサガオのひとり勝ち状態でした。その生命力はミニトマトとナスを圧倒している...そんな感じさえしました。


 それから遅れること一週間、ようやくミニトマトも芽を出しました。しかし、その芽の茎はアサガオの芽の茎とは比較にならないほどに小さく、弱々しいものでした。そして、さらにそれに遅れること10日ほどでナスが芽を出してきました。ナスの芽の茎はミニトマトよりも極端に細く、まさに極細状態。これでやっと三者が太陽の下に並びました。喜んだものの、その差は歴然としていて、すでに大きな葉っぱをたくさんつけたアサガオを前にすると、ひ弱に見えるミニトマトやナスの行く末が不安になるのでした。


 ところが、それからの毎日、水をあげていると、ミニトマトやナスの生長には目を見張るものがありました。ミニトマトは茎を上に向けて高く、高く、伸びます。アサガオは支柱にすがり、ツルの先端はそばにあるものを頼りにさっさとのびていきますが、その生きる姿はなんだか頼りなげです。常に周りにあるものを伺い、周りにあるものに自分をからめて生きようとしているのです。のびようとする自分の意思はあるのですが、丈夫な他人をとらえることに躍起になっているようです。ところがミニトマトは自分の茎を持ち、上に向かってぐんぐん伸びて行きます。アサガオの背丈をいつの間にか追い越していました。
また、ナスは葉っぱを大きく広げるようになりました。そしてアサガオの葉っぱよりも大きく分厚い葉っぱになりました。茎も太くなりました。

自分の支柱をもたないアサガオの種、自分の支柱をもつミニトマトの種とナスの種。それぞれに、生きることの知恵をたくわえていました。アサガオが芽を出すのが早かったのは、自分の頼れる支柱を早く確保したかったからであり、ミニトマトとナスの芽が出るのが遅かったのは、その間、支柱を支える自分の根っ子を、それぞれ、地中につくり出すのに時間をかけたかったからだと思われます。ナスは、より、重たい実を茎に吊り下げるようになります。だから、より、丈夫な茎と、より豊富な養分が必要となるために、地中での準備に時間をかけていたのでしょう。


やがて、三者に花が咲きました。三者三様の花でした。花から実になっていくのが生きる者のストーリー。アサガオは花の咲いた後に種をこしらえています。ミニトマトも実ができて赤く熟れました。この実の中に種があることでしょう。
ところが、まだ、ナスには実がなりません。たくさん花をつけるのですが、実にはならずに花は落ちてしまいます。実は、ひと月ほど前、生育が遅いからと、たくさん肥料を与えたことがありました。猛暑に立ち向かう元気をつけてあげようとしたのです。それで、葉っぱは茂るようにはなったのですが...。どうやら、これが花の健全な生育に悪影響を及ぼしたのではないかと...、今になって反省です。過度の心配は、自分の力で生きようとしている者にとって逆効果となったようです。ナスさん、ごめん。もう少し、待ってみます。どうぞ、実をつけてください。


アサガオ・ミニトマト・ナス、これらの小さな種が、命の不思議を教えてくれた暑い夏でした。


身近にある植物も、命をもち、生きようとしています。時おり、そのことに目を向けることによって、そのけなげな生きる姿が、それを見る人に生きる力の存在と、生きることの価値を知らせてくれます。


これから、時は、秋に向かいます。そこにも、様々な命の不思議があることでしょう。自然に向かって心を広げてみませんか。

春学期末に卒業されるみなさん、ご卒業おめでとうございます。


本学では、履修の要件を満たすと、家庭教育アドバイザーの資格を得ることができます。卒業に際して、家庭教育アドバイザー認定証、及び証明書の発行を希望する方は、以下にその手続きの方法をお知らせいたしますので、それにしたがってください。


(1) 家庭教育アドバイザー認定証
「家庭教育アドバイザー認定証」は、日本家庭教育学会が、本学での履修状況を審査して発行するものです。(ただ、本学独特の、保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー、という各専門分野についての記載はありません。)
尚、この申請で、同学会が認定する「家庭教育師」の認定証も、合わせて発行されます。


①希望者は申請書(9月1日以降、支援センター情報ページにUP)をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。(その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。)本学から学会に申請します。認定証の発行経費は無料です。

②この認定証を希望する方は学会員であることが必要です。まだ学会員でない方は学会への入会申込書を学会のホームページの「入会案内」からダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、上記①の申請書に同封して送ってください。入会申込書には、推薦者の記入欄がありますが、今回の場合は空欄でよいです。(学会のホームページは、日本家庭教育学会で検索すると出てきます。こちらをクリックしてください。)
尚、学会の年会費は5000円です。(正科生として再入学した場合は、学割が適用されて3000円となります。) 会費納入のお知らせが届きましたら、納入してください。


(2) 証明書
「証明書」は、本学が、家庭教育アドバイザーの専門分野(保育期アドバイザー・児童期アドバイザー・青年期アドバイザー・スクールアドバイザー)について、履修状況を審査し、本学学則に基づいて、その教育課程を修めたことを証明するもので専門分野が表記されます。

①専門分野の証明書が必要でない方は、この申請は必要ありません。

②申請された専門分野ごとに証明書が発行されます。

③三つ以上の専門分野の証明書が必要な方は、申請書にその理由を記入してください。

④証明書の経費は、「科目修得認証」の証明書と同じく、一通5000円です。

⑤希望者は、上記の家庭教育アドバイザー認定証の申請書(9月1日以降、支援センター情報ページにUP)と同時にUPされる申請書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送にて、本学の支援センター宛に送ってください。その際、封筒の表の左端に朱書きで「家庭教育アドバイザー資格申請」と書いてください。

⑥「家庭教育アドバイザー認定証」の申請書と「証明書」の申請書は別です。二つ必要な方は、それぞれの申請書の二通を同封して申請してください。また、学会員でない方で、「家庭教育アドバイザー認定証」の発行を希望する方は、学会入会申込書(学会のホームページからダウンロード)も合わせての、3通となります。
 

(3) 締め切り及び発行予定日
 締め切りは、いずれも、9月30日です。
 家庭教育アドバイザー認定証の発行は11月中です。
専門分野の証明書の発行は11月頃です。


以上、家庭教育アドバイザーの資格申請手続きについてお知らせいたしました。よろしくお願いいたします。

横浜市の弘明寺駅界隈は古くから門前町として栄え町会(町内会)組織がしっかりしています。
今年は最寄の八幡神社の例大祭の年に当たり、 8月の20、21、22日は、神輿を繰り出し町会どうしで弘明寺参道に繰り出し、勢いを競います。


隣の町会は域内の小学校の教員や学童保育指導員が助っ人として多数参加してすごい勢いですがこちらは古い住民主体。 私も担ぎ子として(妻子は先触れの灯明持ちとして)、宵祭り、子ども神輿、本祭りと皆勤賞で参加しました。


神輿巡行の合間にご婦人方が用意してくださるスイカ、冷やしトマト、キュウリ味噌のウマいことウマいこと! 腹が空けば、炊き出しのおにぎりや漬物をほおばります。


夕方からは、町会/子ども会役員での合同反省会が続きます。 古い町なので、町内のこどもの状況はみんなで共有しています。 ワイワイ飲みながら、子ども会の行事や運営の細部が詰まってゆく様はまさに地域力でした。


新しい学習指導要領は、「学校と地域の連携」を強く打ち出しています。従来の地域連携は学校から地域への学校行事支援に向けた一方的負担のお願いばかりでした。もっと違う双方向の連携:地域の文化や伝統、つながりを学校に取り込むような形の連携もあってもいいなぁと、反省会の席で思うのでした。

日本家庭教育学会第25回大会がもうすぐです。

                             
大石純子


いつの間にか立秋を過ぎ、少しだけ暑さが和らいだような気がしています。この時期は、毎年何かと多忙です。来る8月21日には、日本家庭教育学会の第25回大会が開催されます。茗荷谷駅近くの貞静学園短期大学というところで開催されますので、是非、関心のある方は、お越しください。毎年、熱心な会員の方々、そして、家庭教育実践活動をされている方々など、たくさん集まります。家庭教育関係の情報交換に最適の場所と思いますので、遠慮なくお立ち寄りください。


八洲学園大学の誕生とともに生まれたわが娘も6歳になり、ずいぶんしっかりしてきました。しっかりしてきた分、精神構造も複雑になるようで、いろいろな愚痴ももらします。なだめたり、励ましたり、時には突き放したり、まだまだ新米の母親は、日々、家庭教育を実践しつつ、仕事、研究、剣道と、もろもろ努力しています。
暑さに負けずお互い頑張りましょう。